« 葛飾柴又 | トップページ | 江戸川からの富士山 »

2007年10月22日 (月)

北海道 知床・阿寒湖

10月20日から2泊3日で北海道に旅行してきました。

今回の旅行で北海道の風景を見て、おいしい海の幸を食べ、温泉に入ったりしたいです。10月末の道東の気温は寒いと聞いていたので暖かい服装を持っていきました。

◆旅程一日目 釧路・ウトロ(10月20日)

  10:05 羽田空港 出発

  11:50 女満別空港 到着

  13:00 網走 

      能取岬 → ノトロ湖 → 

  16:00 ノトロ 知床グランドホテル宿泊(夕食はバイキング)

    

◆道の駅 メルヘンの丘女満別のラーメン屋

R0014113

◆しじみラーメン塩味

R0014112

女満別空港から車で10分の道の駅メルヘンの丘女満別でラーメンをいただきました。おすすめのしじみラーメン塩味。

◆網走 かにの大内

R0014115

  水槽にいたタラバカニ1匹を茹でてもらって食べました。カニを食べていると地元のおじさんがスルメイカの一夜乾しを差し入れしてくれたので、焼いて食べました。美味い!!おじさんの話では、すぐ近くの川に鮭が遡上するし、森に入ると熊がいるとのことでした。鮭を食べに川熊が来るのだろうか?もし、熊に遭遇したらどうしたらいいんだろう?

R0014117

◆旅程二日目 知床五湖・羅臼・摩周湖(10月21日)

  8:30 ウトロ

     知床五湖 散策

     羅臼(北の国から純の番屋で昼飯)

     中標津 → 開陽台 → 摩周湖

  17:30 阿寒湖(阿寒湖荘)

◆ウトロ港

Photo_5

宿泊した知床グランドホテルから望むウトロ港。ここウトロ港から出発している知床観光汽船に乗って、知床半島の先端を見るのは、9月末までとのこと。

◆知床五湖 エゾ鹿

Photo_6

2_2

ウトロから知床五湖に向かう道で、鹿を発見!!急いで写真を撮る。鹿はゆっくり車の横を通り過ぎで森へ消えていった。思わぬハプニング。次は熊が出るのか?ここ知床半島は、日本でもっとも熊がたくさん出るエリアとのこと。

◆知床五湖

R0014184

R0014183

知床五湖の散策路を歩く。一湖と二湖まで歩く。この時期は熊が出るとのことで奥の三湖へは行けなかった。知床五湖には観光客で賑わってました。

◆知床横断道路 羅臼岳(標高1661m)

R0014212

写真は日本百名山の羅臼岳(1661m)。ウトロから羅臼へ抜ける知床峠を走る。11月に入ると積雪で通行止めになる。紅葉のピークは過ぎており、山肌は茶色がかっていた。

◆知床峠から 国後島

Photo_8

知床峠から国後島が見える。知床から国後島が近いことに驚く。

◆羅臼 北の国から 純の番屋

R0014220

北の国からの撮影に使用された純の番屋で昼飯を食べました。店内には北の国からのロケの写真が飾っていました。店内は知床旅情のメロディーがエンドレスで流れていた。

R0014222

写真は三色丼(イクラ・カニ・ホタテ)。私は世界遺産定食と言うやつを頂きました。きんき(地元ではメンメと呼ぶ)の煮魚と刺身で時価(2800円)と値段は高めでした。あと、ホタテバターと鮭児の刺身を注文。鮭児(ケイジ)とは数万匹に1匹しかとれず、幻の鮭と言われいるらしい。3切れで1000円。3人で一切れずつ食べました。油が乗っておいしかったが、いまいちすごさは分からず。

◆羅臼 ひかりごけ

Photo_4

北の国2002年で、純と内田有紀さん演じる「高村結」のデートシーンで使われた洞窟。ひかりごけを見に行きました。場所は羅臼の中心から2キロほどのところ。ひかりごけは自ら光を発生するわけではなく、レンズの作用で光ると、案内板に説明がある。要するに、光を背面にして見ないと光らないこけ。最初は光っているのが分からなかったが、見る角度を変えるとやっと光っているのが確認できた。

◆開陽台

Photo_3

開陽台から撮った写真。ここからは地平線が丸く見える。ライダーの聖地。

◆開陽台 直線の道

2

◆摩周湖

R0014263

日暮れの摩周湖。夕方の道東は寒い。

◆旅程三日目 阿寒湖・美幌峠・釧路湿原(10月22日)

  9:00 阿寒湖 → オンネトー

  13:00 美幌峠

      釧路湿原(細岡展望台) 

  16:30 釧路市(和商市場)

  18:30 釧路空港

◆阿寒湖

R0014276

宿泊した阿寒湖荘から見た阿寒湖。

◆阿寒湖 アイヌコタン

R0014278

阿寒湖にあるアイヌ部落を立ち寄る。朝の9時頃のためか客は全然いない。

◆美幌峠からの屈斜路湖

R0014301

美幌峠の展望台から屈斜路湖を望むため、ここに来た。ドライブインから展望台までは徒歩3分程でしたが、強風のためとても寒く感じた。展望台からの景色は最高でした。

◆釧路湿原 コッタロ展望台から

R0014312

緑の湿原を想像していたが、一面茶色。

◆釧路湿原 細岡展望台から

Photo_7

夕暮れの釧路湿原。

◆釧路空港(タンチョウ空港)

R0014325

釧路駅近くにある和商市場でウニ・イクラ丼を頂きました。ウニは旬の季節ではなく、ちょっといまいちでしたが、友人はウニを食べれて大満足していました。

その後、釧路空港でレンタカー(ストリーム)を返却。走行距離620キロ。燃費はリッター13キロ。あ~、道東の旅も残りわずか。あとは釧路空港から東京へ戻るだけです。

|

« 葛飾柴又 | トップページ | 江戸川からの富士山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/382568/8568548

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道 知床・阿寒湖:

« 葛飾柴又 | トップページ | 江戸川からの富士山 »