« かぐら・田代・みつまたスキー | トップページ | 築地市場 »

2010年3月28日 (日)

犬吠埼と佐原・香取

関東最東端の犬吠埼と外川に行ってきました。帰路、小江戸の町「佐原」に寄ってみると、小野川周辺には昔の雰囲気の町並みが残っていて、寄って良かったと思いました。

◇犬吠埼

今日はとても寒い。気温は5度程度。犬吠埼灯台に登ってみました。99段の階段を登ると、360度の景色が見れますが、風が強く寒さを我慢できずすぐ降りてしまった。

01
◇銚子電鉄 外川駅

NHK連続ドラマ「みおつくし」で舞台となった外川駅(とかわ)。何年か前に来た時は、駅で濡れせんべいをおばさんが売っていましたが、今日は売っていない様子でした。

02
◇外川駅に入る電車

04
◇いわしの丸干し(外川ミニ郷土館の横にて)

外川駅から徒歩1分にある「外川ミニ郷土館」に入ってみました。とても親切で早口なおばさん(館長?)が外川の町や歴史について教えてくれました。ここ外川の祖先が紀州から来て、魚が非常に採れて栄えたそうです。郷土館の裏手では干物を製造していて、いわし丸干し(写真下)とキンメ干し、アジ干しを購入しました。

03

■小江戸の町、佐原(さわら)

ここ香取市佐原は江戸時代、利根川水路を利用して

米、酒、醤油、まきなどを運送してとても栄えたそうです。今でも古い商家などの建物がたくさん残っています。伊能忠敬の旧宅や酒屋を見学してきました。

◇佐原の町並み(小野川から)
06
◇小野川岸の町並み
05
◇樽橋と伊能忠敬の旧宅

橋から水が流れていました。写真右側が伊能忠敬の旧宅です。

041
◇和菓子屋「ほていや」

ちい散歩でここのマヨネーズ団子を食べたそうです。ここはかつて綿問屋で、築120年とのことで、店内の天井には昔の電気配線がまだ残っています。店内奥の和室で食べれるとのことで、季節限定のさくら饅頭(120円)とコンブ茶(100円)をいただきました。

07

|

« かぐら・田代・みつまたスキー | トップページ | 築地市場 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/382568/33975754

この記事へのトラックバック一覧です: 犬吠埼と佐原・香取:

« かぐら・田代・みつまたスキー | トップページ | 築地市場 »