« 房総半島 鋸南・白浜・千倉 | トップページ | 小石川後楽園の紅葉 »

2010年10月24日 (日)

八幡平の紅葉と乳頭温泉

平日の金曜に藤七温泉の宿を予約できたので、東北の紅葉ドライブに行ってきました。早朝3時に自宅を出発し、猊鼻渓、鉛温泉、八幡平紅葉を見て、藤七温泉に宿泊しました。次の日は、秋田県の乳頭温泉は鶴の湯の露天風呂に入り、間欠泉の鬼首に寄って、古川インターから東北道で戻りました。走行距離1400kmとロングドライブでしたが、お天気に恵まれ温泉三昧でした。

◇猊鼻渓(げいびけい)

船頭さんがげいび追分を歌いながら、一本の棒で渓谷を川下りしてくれます。所要時間は約1時間30分で、今回は時間が合わず、川下りはやめて、名物鮎の塩焼き(400円)をいただきました。

001

◇幽玄洞 地中海底

猊鼻渓から車で10分程の場所にある幽玄洞鍾乳洞に行ってみました。所要時間30分弱。あまり見応えはありません。

010

◇鉛温泉 藤三旅館

岩手県花巻温泉より、さらに上流の鉛温泉の藤三温泉に行って、日帰り温泉に入浴。写真は旅館部の方で、その右側には自炊部の建物があります。

019

◇藤三売店

旅館部に売店が2店あり、とても渋い雰囲気が醸し出ています。

023

◇鉛温泉の湯

源泉100%の掛け流しの湯です。名物の白猿の湯は湯船の深さが125cmあり、立って入る珍しい温泉だそうです。私たちが行った時間帯は、清掃後女性の入浴時間のため、白糸の湯と桂の湯に入りました。

022

◇鉛温泉の露天風呂

透明ですが、とてもいい湯です。

020

◇岩手山

樹海ラインから見た岩手山です。

041

◇松川渓谷

この辺りはもう少し後が紅葉の見頃のようです。

025_3

◇藤七温泉 彩雲荘

今回の宿は、八幡平の山頂に近い藤七温泉の一軒宿「彩雲荘」。標高は1400メートル。来週からゴールデンウィーク辺りまで冬季封鎖だそうです。

057

◇藤七温泉 露天風呂

露天風呂は5つほどあり、混浴露天風呂でおばさんも入っていました。

050

◇藤七温泉 男女別の露天風呂

露天風呂から岩手山が望めます。

054_3

◇藤七温泉 飯はバイキング形式

夕飯、朝食ともに、バイキング形式です。山菜、岩魚の塩焼き、きりたんぽ鍋、そば、などなど、好きな料理をたくさんいただきました。

052

◇藤七温泉 ご来光

5時50分、早起きしてご来光を撮影。

056

 

◇八幡平 アスピーテライン

062

◇八幡平 アスピーテライン

061_2

◇八幡平 アスピーテライン

063

◇乳頭温泉 鶴の湯

ちょうど紅葉が見頃でした。天気も最高。2009年に撮影されたドラマ「アイリス」の秋田の温泉宿はここ鶴の湯だそうです。入り口にはアイリスで撮影された説明の看板がありました。

70

◇乳頭温泉 鶴の湯

温泉から上がった人が休んでいます。私たちは、山芋そば(650円)をいただきました。

71

◇乳頭温泉 鶴の湯

ここも、源泉掛け流し。

73

◇鬼首(おにこうべ)

間欠泉を見るため、鬼首に行ってみました。かなり、期待を裏切られてしましました。

80

|

« 房総半島 鋸南・白浜・千倉 | トップページ | 小石川後楽園の紅葉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/382568/37373838

この記事へのトラックバック一覧です: 八幡平の紅葉と乳頭温泉:

« 房総半島 鋸南・白浜・千倉 | トップページ | 小石川後楽園の紅葉 »